CONSULTING ONE
内部統制強化のツボ 企業再生・企業価値向上のツボ 会社概要 水島正プロフィール インフォメーション 水島Blog

企業再生・企業価値向上のツボ

 企業価値の向上については、日本の大手金融機関での25年の経験と、大手独立系投資ファンドでの5年間の経験を活かし、投資ファンドのマネジメントとして、現在、本業として注力しています。

 コンサルティング・ワンでは、主に、金融機関の役職員を対象とした事業再生やCFO機能に関してのセミナーを通じて、企業価値とは何か、企業価値を高めるにはどうすればよいか理解していただくことを行っています。


Q&A
Q:企業再生の経験が豊富のようですが、再生のポイントを教えて下さい。
A:先ず大事なのは、その企業が生き残れる企業かどうかを見極めることです。具体的には営業キャッシュフローがプラスになりうるのかどうかということに尽きます。プラスになる可能性がまったくなければ「清算」せざるをえません。
 再生案件が満たしていなければならない必要条件は、「株主、経営者、従業員の目線が統一されていること」です。これが出来ないと、再生は絶対に出来ません。いくら優秀な人たちが集まっていても、ベクトルをあわせることが出来なければ、企業としての力を発揮できません。ベクトルが合ったとして、次に何が必要でしょうか。再生案件の多くは過大な借入が引き金になりますが、借入について金融機関と条件を交渉し、会社が生み出すキャッシュでビジネスを継続してゆけるシナリオを描けるかどうかが再生の十分条件になります。
Q:会社に必要なキャッシュを生み出すにはどうしたらよいのですか。
A:まずは、大きすぎる債務を減らすことを考えましょう。債務の免除。債務の株式化。債務の長期化・劣後化。いろいろなアイデアを以って金融機関と交渉します。
 次に本業の収益力回復を図ります。手法はきわめてオーソドックスです。損益分岐点分析を思い出してください。
   (1)固定費を下げる
   (2)変動費を下げる
   (3)売上を増やす
この3つに集約されます。それぞれをどのように達成してゆくかがターンアラウンドマネジャーの腕の見せ所です


企業価値向上に向けてCONSULTING ONEで提供するサービス
01 企業価値評価
01 企業戦略策定
01 経営理念策定
01 PDCA策定と徹底
01 事業再生支援




著書紹介    
   
「企業再生ファンドの実務」
水島正著 金融財政事情研究会刊

point
ファンドの実務を取り上げた本邦初の書籍です。きわめて実務的な内容です。
事業再生についての考え方も整理されています。




| 内部統制強化のツボ | 企業再生・企業価値向上 | 会社概要 | 水島正プロフィール | インフォメーション | 水島正Blog | 問い合わせ |
copyright